2019.09.01

お知らせ

「西粟倉村共有の森ファンド」10年の運用を終えて

「西粟倉村共有の森ファンド」は、百年の森林事業を進めていくにあたり、個人が小口で出資して、10年間事業を応援していただくファンドとして立ち上がりました。

400人以上の方に出資していただき、集まった資金を基に、高性能林業機械の導入やFSC認証の取得にあたることができ、事業を進めてくることができました。
そして、共有の森ファンドが2019年6月で償還を迎え、運営会社であるミュージックセキュリティーズさんで、西粟倉村の百年の事業のこれまでの成果とこれからの可能性について取材していただきました。

その動画と紹介記事が公開されましたので、ぜひご覧ください。


▼動画こちら
百年の森を育てる〜森は地域の宝物〜 (Youtube動画)


▼紹介記事はこちら
ゆっくり、いそげ?~セキュリテ自由帳~ 「インパクト投資」を考える