• WOOD WORKS

【納材事例】 直島ホール

naoshima_hall_D046

広島市の建築家、三分一博志氏が設計を担当した、直島ホールに使用された桧・杉のほとんどの建築用材の納材を西粟倉・森の学校が担当致しました。総ヒノキ葺きの屋根としてはおそらく世界でも最大級の大きさで、天井一面が漆喰で塗られ、節のない桧のフローリングで構成された空間は時がとまったかのようで、圧巻の一言です。

OTHER WORKS