西粟倉・森の学校は、百年の森林事業に取り組む西粟倉村において、
地域の資源を活かした商品開発や販売を行う会社として2009年10月に設立されました。
西粟倉村は面積の95%が森林。そのうち86%を杉、桧の人工林が占めています。
そこから出てくる間伐材を加工するため新たに木材加工工場を1年後の2010年10月に設立、
原木の調達から製材、乾燥、加工から販売までの機能を担っています。

そして、西粟倉産材に限らず、周辺地域とのネットワークを活かした原木や製品の流通、
個人向けDIY製品の開発や販売、住宅用の内装材、大型建築物への材料供給など
国産材の加工、流通、販売を事業にしています。

会社概要

〈 社名 〉 株式会社 西粟倉・森の学校
〈 設立 〉 2009年10月1日
〈 代表 〉 牧 大介
〈 主な事業内容 〉
  • 国産材の加工流通事業
  • 木製品の加工、商品開発
  • 卸販売及び小売 (内装材・建築用材・雑貨品 等)
  • 原木・製材品の販売及び流通
  •  チップ用材・おが屑の販売
  • ツアー・イベントの企画・運営
〈 所在地 〉 岡山県英田郡西粟倉村長尾461-1番地
〈 主な加工機 〉 製材機、乾燥機、モルダー、木工機械、レーザー加工機
〈 資本金 〉 213,557,500円
〈 代表番号 〉 0868-73-0338
〈 FAX番号 〉 0868-73-0336
〈 許可登録 〉 FSC認証 SA-COC-003741
合法木材 岡木連認第25-17030号

アクセス

岡山県英田郡西粟倉村長尾461‐1 (旧ナカバヤシ岡山工場)

             

智頭急行線 西粟倉駅より徒歩5分。大原駅より車で5分

             

鳥取自動車 西粟倉ICより車で3分。